非認可業者への注意

最終更新日: 2020.07.17

香港警察に被害届け

どこの警察に届けるのか?

私は、「被害届け」というものの言葉は知っていたのですが、実際に届け出をした経験は今回までありませんでした。

ところが、1ヶ月の間に6件の詐欺に遭うという自分でも想像もしていなかった状況に陥り、日本、香港、シンガポールの警察に被害報告を出すことになりました。

その過程で、初めて「どこの警察に届けを出すか?」「警察は被害届けを必ずしも受け取ってくれる訳では無い」などの現実的な事情に直面しました。

悲しいかな、警察や、法の擁護の仕組みに、被害に遭ってから気付いて勉強したわけですが、そこで分かったことを、まとめて行きたいと思います。

住所登録のある警察にしか、被害届けを出せない

ここは、言われてみれば当たり前なんですが、ネット社会になると、全然気にしなくなる盲点です。

私の場合は、相手がどこの所在かという物理的な現実住所への配慮観点は、すっかり薄くなっていました。

しかし、いざトラブルとなって、警察に被害届けを出そうとすると、警察は自身の管轄内に登録がある案件しか、受け付けてくれません。

ある国の法に従って、その管轄について違法行為を取り締まるのが警察。

なので、その管轄外は扱ってくれないです。

つまり、訴える相手の住所証明が無いと、警察に門前払いされてしまうのです。ネット以前の世界は、面着で相手ともめ事を起こすので、居住地も近く、また、相手も目の前にいるので、住所は分かって当たり前だったわけですが、

ネット社会に変遷した後は、住所が分からないことが当たり前に180度変わってしまいました。ところが、これが警察の仕組みとミスマッチなのです。

警察は住所が分からないと、捕捉できない。

そこが、ネットが犯罪者にとっては、非常に、やり易さを生み出しています。日本人の様な顔をして、実は海外からやりとりしていても気付かないですし、

また、性別ですら、女性ですとネットで拾ってきた写真を載せつつ、裏は男でも分からない訳です。当然、住所なんて、全く分かりません。

住所証明を載せる必要なんて皆無です。

つまり、ネットの相手の所在地関係無くコミュニケーション取れる、距離を超えてやりとりできるメリットが、実はトラブルになった時には、落とし穴になるのです。

逆に言えば、詐欺する側からすると「住所証明」を取られると訴えられてしまう。つまり、お金のやり取りをする時は、相手の住所証明が取れているか否か、ここが今回気付いた大きな判断観点になります。

詐欺証券会社の口座が香港にあったことから、香港警察署に被害届け

詐欺に遭った内、一件は証券会社でした。内容は、お金の預け入れは出来るけど、引き出しが出来ない、問合せしても無応答というインチキ会社です。

これについては、外国人のMという女性も同様に被害にあっており、他にも日本人1人、オーストラリア1人、欧州1人という合計4人の被害者とコンタクトを取りながら、警察に被害届けを出すこととなりました。

その内、Mが最も精力的に情報収集を進めてくれ、彼女が、その会社にお金を振り込んだ先が、DBS銀行の香港支店であること。その会社はアメリカ本社ということになっているのですが、香港支店があることを突き止めてくれ、香港警察に届けを出すことになったのです。

オンラインで被害届け提出

香港警察は、仕組みが良く出来ていて、ネットから被害申請が出来ます。

緊急で無ければ、ネットから申請して良いという但し書きがあります。そうして、届け出をすると、メールで受け付け済みの通知と、その後、対応についての連絡があります。

訴え先の居住者が香港であることが不明の場合は、「追加情報が無いと対応は出来ないとの」旨が。逆に、受け付けて貰えた場合は、下記の様な返事がきます。

被害報告は「Eastern Police District」に通知済みで、必要に応じて連絡をすると書いてあります。

先に香港警察に被害届けを出したMには、取引記録の証明等、追加情報の提供を求める連絡があり、該当証券会社の銀行口座凍結を検討してくれているそうです。

警察届け出のポイント

・一番の学びは、「住所証明有無」が警察が動ける分岐点になることでした。

なので、相手が詐欺かどうか見極めるための、有効なチェックポイントは、住所証明がされているか否かになります。

これは、また別の記事に書きたいと思います。

また、実際に警察が捜査に乗り出すためには、詳細な取引記録が必要となるので、怪しいと感じた瞬間には、会話、チャット等々、全ての記録を残すようにすることも重要です。

ピックアップ記事

  1. 投資会社どこがいい?

関連記事

  1. 入金出来ても、出金出来ない証券会社

    非認可業者への注意

    入金出来ても、出金が出来ない証券会社

    「入金出来ても出金が出来ない証券会社」「入金は出来ても、出金…

  2. 詐欺サイトの見分け方

    非認可業者への注意

    暗号資産サイト本物?見分け方

    仮想通貨の詐欺に私自身遭ってしまい、気付いた詐欺サイトの見分け方につ…

  3. 深手を負ってしまう心理メカニズム

    非認可業者への注意

    深手を負う理由(認知不協和)

    投資に限らない話なのですが、一度、自分自身が始めたことって、何か肯定…

  4. 詐欺の会話パターン

    非認可業者への注意

    騙そうとする心理。優位な人間関係に持ち込もうとする手。

    商品にお金を払う時の関係、特に詐欺をする側が、どの様な関係に持ち込も…

  5. 非認可業者への注意

    忽然と消えた取引所。同時に消えた、自分のお金。

    なかなか書くのも辛い経験だけども、20年7月1日。車が1台買える分ほ…

  6. 非認可業者への注意

    辛い時に支えてくれた人 

    辛い時って、そういう時に手を差し伸べてくれた人って、本当の友人だった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ジョゼ・モウリーニョ、もっと自分に要求しろ
  2. ググるより大切なこと
  3. スイス永世中立までの歴史と経済。スイスフラン
  4. 債券と金利 プロの見方が分かる
  5. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性

人気の記事

  1. ググるより大切なこと
  2. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性
  3. 希望を叶える魔法の杖
  4. 点と点は繋がる
  5. 投資会社どこがいい?
  1. ネットでの出会い

    ネットでの出会い

    出会いアプリの失敗経験。ネット越し出会いの注意点。
  2. 投資会社どこがいい?

    お金の知識

    投資会社どこがいい?
  3. ググるより大切なこと

    コラム

    情報の取り方、「上手にググる」よりもっと大切なこと
  4. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性

    お金の教室。地道に投資を学ぼう。

    財政破綻とハイパーインフレに日本はなるのか?戦前との比較から国債破綻を考察する。…
  5. 点と点は繋がる

    希望を叶える魔法の杖

    今は分からないけど点は線になる
PAGE TOP