ネットでの出会い

ネットでの出会い

最終更新日: 2020.08.11

出会いアプリの失敗経験。ネット越し出会いの注意点。

私自身の実体験から、そうなんだ・・と、分かったことを整理して、共有したいと思います。経験して、初めて、腹に落ちて理解した点も少なからずありました。

ネットでの出会いの特徴

ネットでの出会いは、大きく3つの特徴があります。
(1) 距離に関係無く、人とつながれる。
(2) つながる手段は、「ネット」にあるアプリや、ウェッブサイト
(3) つながったと言っても、相手のリアルな顔は見えない(隠せる)

でした。絵で描くと、この様な感じです。リアルと違うのは、ワンクッション、ネット上のアプリやブラウザーが挟まっていて、それが、スリガラスみたいな、向こう側が見えない壁みたいになってることです。

相手は、どんな人?どうして、そう思ったか?

コミュニケーションには、「相手はどんな人なんだろう」という、相手の理解が欠かせない要素ですが、リアルな出会いと違って、ネットを介した出会いでは、直接に相手を見ることができません。だから、ネットに映った姿から、実際の相手を想像することになります。

絵で描くと、こんな感じですね。何時も、ネット上のアプリやサイトに示された情報を見て、それから相手のリアルな姿を想像します。

ポイントは、自分が想像で相手を作り出している、という点ですね。

しかも、ネット上に、相手の意志で映し出された情報を元に、想像をして作り出した絵であると言うこと。

イメージを作り易い。つまり、匿名性を持ってる

重要な点なので繰り返すと、ネット先の相手は直接見えない。

だけど、人間は、目に見えないものを、そのままでは理解することができない。だから、リアルな絵を想像して理解する。

ネットの場合、その「リアルな絵」は、相手がネット上に意志を持って表示した情報を元に、自分が勝手に想像した絵であること。

これが、ネット上で出会った者同士のコミュニケーションの、最大の特徴になります。

相手は意図した情報を、見させることができる。

逆の言い方をすると、自分を隠すことができる。つまり、匿名性がある。

これが、ネットを介した出会いの最大の特徴になります。なので、さっきの絵は、実際はこうかもしれない。

「かわいい」「優しい子に違いない」という「リアルな姿」は、ネットを介して示された情報から、勝手に自分が想像して作り出した姿にしか過ぎず、実際は男かもしれない。

こういう事が出来てしまうから、ネットの出会いには、本当に正直に出会いを求めている人の他、サクラや悪意を持った人間が混ざってきます。

なので、そういうサクラや悪意を持った人が、混ざっていないサイトを選ぶと共に、そういう人が来ても、対処出来る知恵を付けておくことが重要になります。

言葉使いや内容。写真から、相手を想像する

人は相手の姿や、言葉使いや、言葉の内容、そんな点から、相手はどんな人だろうか?と想像します。

なので、マナーという世界があって、相手に失礼無い様にふるまい、行動する。

だけど、それを悪意を持って使うと、イメージ操作ができる。それをし易い世界がネットになります。

相手にこう思わせたい。こう誘導したい。

情報を意図的に、任意のタイミングで相手に示せる。優しいという印象を与えたかったら、優しい言葉、優しい写真、笑顔の写真を意図的に示す。

悪意を持った人は、これを意図的に操作してきます。この時点では、なかなか、本物の人と区別が付かないです。

リアルと同じ感覚で、判断をしてしまうのは危険

なので、仲良くなったとしても、その時点で、「気が合う!」とのめりこんでしまうとネットの出会いの場合、まだ危ないです。

特に、写真や言葉だけみて、相手に対する良いイメージばかりを膨らませてしまうと危ない。実際に声を聞いたり、相手の素性を、もっと聞き出したりしないと、もし悪意を持った相手の場合、ハマってしまいます。

特に、お金の話をしてくる相手は危険な場合が、多く、私は、この経験を図らずして経験してしまいました。

その経験は、こちら「詐欺の会話パターン。詐欺する側が優位な人間関係に持ち込もうとする

出会いサイトから、LINE等へ移行したら進展?

また、LINEに移行してコミュニケーションを続けようというシーンは普通に見られます。男性なんかだと、例えば出会い系サイトから、相手のLINE IDを聞いて、そっちに移行できると、関係が前進したと思いがちです。

実際、そういう面はあるのですが、それは、親密さの証拠で有る場合もあるんですが、もし相手が悪意を持っている場合、それはワナだったりもします。

出会いサイトは消費者法の範囲、LINEは個人間取引

私は、ネットでの出会いから詐欺に遭った経験があって、その時に消費者生活センターの方から教えて貰い、初めて知ったのですが、法律的には、出会い系サイトの範囲内での出来事なのか、LINEに移行してからなのかでは、全く異なるそうです。

例えば、私が経験したパターンを、絵に描くと、こんな会話がありました。

出会い系サイトで会って、その後、LINEに移行するというパターンです。

LINEに移行して、仲が良くなって来たなと思っていたら、「彼女」から投資の話が出て、実は詐欺だったという結果。

実は、この会話が出会い系サイト上で行われたか、それとも、LINEで行われたかで、全然扱いが変わってしまうのです。

出会い系サイト上で、もし行われていた場合は消費者法。LINEでの場合は、個人間取引になり、消費者法の範囲外。つまり、消費者生活センターに相談しても、何とも出来ず、警察や弁護士に相談するしかない。

LINEの個人情報保護、悪用

さらに、警察に相談しても、LINEは、詐欺内容や被害額、その経由等の証明が余程しっかりしており、かつ警察等の公的機関からの依頼で無い限り、なかなか相手の情報を開示しない。

という、もし、悪意を持つ人にとっては、守って貰える構図になってます。

なので、LINEへの移行は安易にせず、この人は大丈夫だろうと思った時点で移行したり、LINEに行っても、危ないと思った時は、すぐに手を引くということを頭に入れておいて置くと、自分を守れる防波堤になってくれます。

まとめ

・ネットでの出会いは、相手を直接見ることが出来ない。

・人間は見えないものを理解する事ができないから、リアルな姿を想像して、相手を理解しようとする。

・ところが、ネットの場合、その「リアルな姿」は相手が意図的に自分に提供したものを材料に、勝手に自分が想像したに過ぎない。

・LINEへの移行は、法的には全く別扱いになる

これがポイントでした。

相手の信頼性。不正監視をしてくれる場所が無難

ただ、やはり、出会い系サイトを使う場合、Tinderとかでは無く、やはり、相手の身分証明をしっかり取ったり、不正ユーザーの監視をしっかりやってくれる所が、良いですよ。

マリッシュ: このサイトは、安全性を確保しつつ、出会いを作り易い工夫をしてくれてると思います。

サイトはこちらです

ピックアップ記事

  1. 投資会社どこがいい?

関連記事

  1. ググるより大切なこと

    コラム

    情報の取り方、「上手にググる」よりもっと大切なこと

    「効率よく情報を収集する」ってことは、何か自分が始めようとしたり、大…

  2. 深夜特急レビュー

    希望を叶える魔法の杖

    「深夜特急 香港・マカオ」沢木耕太郎著。生きる焦燥感。

    沢木耕太郎が26歳の時の実体験。時代は1973年頃。なんだろ…

  3. だまされない方法

    情報を受ける力

    だまされない方法

    人が何かを考えたり、判断したりする時に、話を聞くという行為が最初に来…

  4. 相手の信用判断がポイント

    ネットでの出会い

    ネットの便利さと危なさ 相手への信用判断がポイントに

    インターネットに慣れ過ぎて、見落としが生まれ易くなってる皆さ…

  5. ネットで勝つ情報リテラシー

    情報を受ける力

    全ての情報には意図がある「ネットで勝つ情報リテラシー」

    小木曽 健さん著の「ネットで勝つ情報リテラシー」、とても面白く、かつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ジョゼ・モウリーニョ、もっと自分に要求しろ
  2. ググるより大切なこと
  3. スイス永世中立までの歴史と経済。スイスフラン
  4. 債券と金利 プロの見方が分かる
  5. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性

人気の記事

  1. ググるより大切なこと
  2. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性
  3. 希望を叶える魔法の杖
  4. 点と点は繋がる
  5. 投資会社どこがいい?
  1. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性

    お金の教室。地道に投資を学ぼう。

    財政破綻とハイパーインフレに日本はなるのか?戦前との比較から国債破綻を考察する。…
  2. ググるより大切なこと

    コラム

    情報の取り方、「上手にググる」よりもっと大切なこと
  3. 点と点は繋がる

    希望を叶える魔法の杖

    今は分からないけど点は線になる
  4. 投資会社どこがいい?

    お金の知識

    投資会社どこがいい?
  5. ネットでの出会い

    ネットでの出会い

    出会いアプリの失敗経験。ネット越し出会いの注意点。
PAGE TOP