投資の勉強を始める

お金の教室。地道に投資を学ぼう。

最終更新日: 2020.08.17

投資の勉強入門。全体像を把握することが大切。

投資スキル獲得の必要性

私たちが暮らす日本は、世界と比べても安全で清潔、歴史も四季もあって、センスが良いものもある国ですが、経済的には大変に厳しい状況にあり、この先も非常に苦しい時代を迎えそうです。

日本人の可処分所得の低下

下は、厚生労働省が報告している国民の可処分所得の推移です。可処分所得というのは、所得から税金や健康保険料、年金等、国に支払った残金のことで、実質的に私たちが生活と消費に使える金額になります。

厚生労働省の発表資料

世代別の可処分所得を、年次推移で整理されています。

唖然とするほどに厳しい結果になっているのですが、1997年、もう20年以上も前をピークとして、日本人が平均として使えるお金は、どんどん減っています。

政府債務の増加

国民の収入が減る一方、国民の経済活動が停滞した分を補おうと、政府支出は増加基調を続けました。ただし、税収が無い中、政府は出費規模を維持したため、政府の借金、政府債務の残高は間もなく1000兆円に達しようとしています。

財務省公表資料

日本政府は、何十年にも渡り、収入以上の支出を続けて来ました。その結果、膨大な政府債務が積み上がったという状況です。

赤字が日本政府支出。青地が収入(税収)

この先どうなっていくかというと、可能性は3つ。おそらく3つが同時に来る可能性もあります。

  1. 税金UP
  2. 政府支出削減(国から受けている補助削減)
  3. インフレ発生

私たちは、そうなると苦難の時代を迎えることが目に見えてます。

収入が上がらない中、税金や年金など天引き額がUP。

さらに、もしかしたらインフレも起きるかもしれない。

日本人は、もう20年以上も物が安くなっていくデフレに慣れていて、インフレの怖さを忘れてしまっている状況です。

なので、もしインフレが来た時に、相当なパニックは間違いないのではと思います。

個人が取れる防衛手段

今まで日本では、会社とか国とか学校とか、そういう所で勉強したことを真面目にやる。そういうスタイルに慣れ過ぎたかもしれないけど、

たぶん、これから起きる経済的混乱の知恵を教えてはくれない。

だから、個人は、知恵を付けておくことが、よく言われる様に、やっぱり重要そうです。知恵は奪われないし、例えば、子供にも引き継いでいける。

大切なのは、大きく3つの知恵でしょうか

1. 仕事面で稼ぐ力
2. 投資で稼げる力
3. だまされない力

専業の投資家で無い限り、普通の人は本業で仕事しつつ、プラスアルファ副業で収入を補うというスタイルが、やはり中心になると思います。

副業は色々あると思いますが、経済的混乱が起こりそうな時代においては、お金の知識、投資の知識の育成は、欠かせなくなりそうです。

また苦しい時には、騙し話が横行するし、

そういう話に気持ちが揺れてしまい易くなるので、

あんまり一般的には言われませんが、私は3番目の「騙されない力」というのも、とっても大切だと思います。

投資の勉強を始める。プロ機関投資家と個人投資家との違いに注意。

投資の勉強を始めるとなると、「おすすめの株は?」とか「どこの証券会社が良い?」とか、昔の自分もそうでしたが、割とそんな所から入ってしまっている方は、多く有りませんか?

また、株式入門書の本を買ったりして、「気軽に始めましょう」みたいな感じで、まず何かを買ったりとか。

経済評論家のオススメ通り、買ってしまったりとか。

自分もやっぱり、そういうことをしてたのですが、どうも上手く行かない。

それで研究重ねて、気付いた点があるのですが、私達個人投資家って、全部を自分自身でやらなくてはいけない点です。

言われたら当たり前なんだけど、

プロと呼ばれる機関投資家は、情報を集めてくれる調査部があって、トレード部があって、トレードの監視部がある。

資金管理をするマネージャーもいる。

だけど、個人投資家は、全てを自分でやらなくてはいけない。

ところが、いざ自分で投資をしてみると、

全体を見失って、気になった点ばかりに意識が行ってしまう。

投資で無くて、他の仕事でも、考えてみたら一緒です。

会社に勤めていると、担当が分担されていて、自分の仕事に特化していれば、全体が回っていく。

だけど、個人事業主だと自分で全部をやらなきゃいけない。

それと、同じなんだと、ある時、気付きました。

そっか、個人投資家は個人事業主だ。

だから、ある株式とか、銘柄のことばっかり気にしていてはダメで、全体を見えて無くてはいけないし、

その会社の武器、自分に合った戦い方というものを持っていなくてはいけない。

投資能力を上げるためには、全体像が大切

だから、銘柄ばかりで無くて、判断系(自分自身のクセへの理解)、ビジネスモデル(売り方・買い方、自分に合った方法)、経済情勢などを全体感持って見ていく。

そうして、一つずつ、バランスを抑えながら改善していくという方法が、結果的に近道で、勝てる様になっていくのにつながると思います。

ピックアップ記事

  1. 投資会社どこがいい?

関連記事

  1. 債券と金利 プロの見方が分かる

    お金の知識

    債券と金利 プロの視点が学べる「本当にわかる債券と金利」

    マネックス証券 執行役員で、名古屋商科大学MBAコースの教授 大槻 …

  2. 投資学習プログラム

    お金の教室。地道に投資を学ぼう。

    投資の勉強の始め方。全体像を抑える。

    私はゼロから投資を始めて、実戦でもまれながら、経験で勉強したり、必要…

  3. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性
  4. 投資会社どこがいい?

    お金の知識

    投資会社どこがいい?

    株やFXなど、何かの投資を始める時には、証券会社やFXの会社に口座を…

  5. ポイント形式で日常生活に普及し始めたビットコイン

    お金の知識

    楽天やYhaooで買い物しビットコインを貰う

    暗号資産はビットコインを中心に、知名度が相当に上がっており、Yhao…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ジョゼ・モウリーニョ、もっと自分に要求しろ
  2. ググるより大切なこと
  3. スイス永世中立までの歴史と経済。スイスフラン
  4. 債券と金利 プロの見方が分かる
  5. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性

人気の記事

  1. ググるより大切なこと
  2. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性
  3. 希望を叶える魔法の杖
  4. 点と点は繋がる
  5. 投資会社どこがいい?
  1. 日本の財政破綻、ハイパーインフレの可能性

    お金の教室。地道に投資を学ぼう。

    財政破綻とハイパーインフレに日本はなるのか?戦前との比較から国債破綻を考察する。…
  2. ググるより大切なこと

    コラム

    情報の取り方、「上手にググる」よりもっと大切なこと
  3. 点と点は繋がる

    希望を叶える魔法の杖

    今は分からないけど点は線になる
  4. ネットでの出会い

    ネットでの出会い

    出会いアプリの失敗経験。ネット越し出会いの注意点。
  5. 投資会社どこがいい?

    お金の知識

    投資会社どこがいい?
PAGE TOP